レディー

日常生活の中で体に疲れを感じたら接骨院を利用しましょう

妊娠中の腰痛改善方法

女性

多くの妊婦さんが抱えている問題の一つが腰痛です。お腹が大きくなるにつれて痛みが増し、寝返りをうつことができなくなる人も多いでしょう。妊娠中の腰痛の原因とされているのは卵巣ホルモンの一種であるリラキシンです。リラキシンは妊娠3ヶ月頃から分泌されていきます。このホルモンは胎児が狭い骨盤を通れるよう出産に備えて関節や靭帯を緩める作用があります。その時緩んだ骨盤をお尻や腰の筋肉が支えようとするため腰痛が発生します。身体が重たくなるにつれて骨盤は緩むので、妊婦さんはとても辛いでしょう。また、妊娠すると体に姿勢に変化が起こります。そしてお腹が大きくなると体の重心が前に移動するので、骨盤や腰椎も一緒に前へ移動します。ほとんどの妊婦さんが後方にバランスをとろうとするので、絶えず背中が張った状態になり腰痛の原因になります。しかし、日常生活の中での腰痛対策はとても簡単です。お子さんを抱く時や荷物の持ち方を変える方法や、入浴時に半身浴をして体を温める方法です。骨盤ベルトで骨盤を固定する方法もあります。また最近では、妊婦さんの腰痛のためのエクササイズやマッサージを行なっている整体もあるので、腰痛が気になる妊婦さんは是非行くことをおすすめします。そうすることで腰痛がなくなったり、姿勢の改善、腰痛予防に繋がります。産後骨盤が元の位置の戻る際に腰痛が発生する人もいますが、その場合も妊娠中に使用していたマッサージ法や整体を利用するのも良いかもしれません。

Copyright© 2016 日常生活の中で体に疲れを感じたら接骨院を利用しましょう All Rights Reserved.